Just another WordPress site

2014.12.05

〔シュガートースト、乳飲料、カレースープ、冬野菜のラタトゥイユ〕

寒くなり、朝方は霜が降りている風景がみられますね。

ところで、よく冬になって気温が低くなると、野菜が甘くなってくるといわれます。果たして…これは科学的に本当なのでしょうか?次の3つから選んでみて下さい。

①野菜の味は季節で変わらず、思い違いである。

②温かい煮物にすることが多くなるため、そう感じることが多くなる。

③寒くなると、野菜の成分が本当に少し変わる。

正解は③です。冬に入り、霜や氷が張る気温になると、野菜は自分の体が凍ってしまわないように、蓄えたでんぷんを糖分に変え、細胞の中に出します。細胞はほとんどが水分であるため、凍ると体積が増し、細胞が破壊されてしまいます。普通水は、0℃で凍りますが、塩や砂糖を溶かすと、この温度が下がるため、凍るのを防ぐことができるのです。人も食べ物も、自分の身は自分で守っているのですね。